ログハウス?
良いところ
悪いところ
費用について
リンク集
THE LOG HOUSE
 
 
   

 
 グハウスの良いところ ログハウスの良いところは、語りだせばきりがありません。ここでは、私の個人的な感覚でおおまかに、ご紹介したいと思います。

 格好が良い かわいらしい

言うまでもありませんよね。このページまで読んでくださっているあなたには共感していただけると思います。


 
中古ではなくアンティークになる

本物の木はキズが味になります。削れても当然、同じ木目がでてきますので、それが返って深みがでてくるように思います。又、永い年月をかけて良い色にやけていきますよ。これが今時の新建材とは違うところですね。

 
人が集まってくる

なぜか人(虫や動物も。。)が集まってくるように思います。私が今までに建築させていただいたお宅をふりかえって考えると、そのオーナーのお人柄(ログハウスのオーナーはおおらかな性格の方が多いです。)なのかもしれませんが、ログハウスには人を集める魅力があると思います。

 冬はあたたかく 夏はすずしい家

ログハウスは今時のハウスメーカーの住宅と比べ、気密性は良くありません。しかし、ログは本当に夏涼しく、冬は暖かいのです。こればっかりは実際に体験するしかないのですが、今までに建築された7割以上の方は夏にクーラーをつけていません。冬はさすがに暖房器具は必要ですが、暖まってしまえばなかなか冷えません。寝る前に消した薪ストーブの余熱だけで朝まで快適に寝られるというお話しもよく耳にします。

 
癒し・和み

『1/fゆらぎ』って知っていますか?
1/fゆらぎとは秩序と無秩序の中間にある、ほどよく変化するゆらぎのことをいうそうです。自然界の一員である私たちの生体リズムも1/fゆらぎを持っていて、これが自然界のゆらぎとシンクロして快適と感じ、リラックスするのだそうです。ログハウスの場合、木の年輪や木目、節等がそれにあたり、「ログハウスの中にいると心が落ち着き癒される」といわれるのはこの『1/fゆらぎ』に関係しているのかもしれません。

 
地震に強い

あの阪神淡路大震災での倒壊が一棟もありませんでした。(若干の直し等はあったようですが、致命的なダメージは皆無でした。)これは私達が手がけたログだけではなく、ログハウス業界全体での事です。ログの壁はがっしりとノッチで組まれた一体構造のため、鉛直方向の力はどの部分に加わっても自然に全体に流れます。また横方向の力に対しては、実加工や通しボルト、ダボ等を施すことにより、充分な強さを発揮します。

 
毎日が森林浴

山や森林の中を歩いていると、とても爽やかな気分になり、リフレッシュされますよね。あれは気分だけではなく、植物や樹木からフィトンチッドと呼ばれる揮発性の物質が発散されています。フィトンチッドとはテルペン類と呼ばれる有機化合物で、それが揮発した状態のものを人が浴びることを森林浴というそうです。この木材から発散されるフィトンチッドは人をリラックスさせる効果だけでなく、抗菌や防虫・消臭効果などの働きがあります。

 
本当は燃えにくい

木は燃えます。しかし、木材はある程度の厚みがあれば、なかなか燃え進まない事は知っていますか?表面だけが炭化してしまう為です。今では準防火地域でもログハウスを建築することが可能になりました。

 
どこにでも釘が打てる

最近の家では非常に難しい事ではないでしょうか?外装、内装を含め、家のほとんどが木で出来ている為、どこにでも釘が打てます。又、どこにでも棚を造ったりと建築後にチョコッとだけリフォームするのも簡単です。

 
熟睡できる

なぜか良く眠れます。又、目覚めが非常に良いです。

 
ヘルシーハウス

いうまでも無く、とても健康的な住宅です。最近では、ログハウスのスタイルだけでなく、『健康的だから』という理由での御検討される方が増えてきました。

pickup

2017/2/9 更新

 

 

 
Copyright c 2008 THE LOGHOUSE Co., Ltd. All Rights Reserved.

 

ログハウス

WELCOME

種類と構造
基礎知識
ログハウスを建てよう
塗料について
木材について

[PR]